製品案内

MPS 電源装置 : 情報通信 と パワーエレクトロニクス  の 株式会社 ヒノックス

  • 特徴
  • 基本仕様
  • ブロック図
  • システム構成例
  • 取扱説明書
項目 仕様
環境 性能保証動作範囲 -10~+50℃
動作保証温度範囲 -20~+60℃
保存温度 -20~+70℃
使用湿度 30~95%RH(結露不可)
冷却方式 自然空冷
振動 0.5G
(5~55Hz 振幅10mm 1スイープ5分×2回)
衝撃 20G(3回)
絶縁
絶縁耐圧
入力-筐体間 AC2000V(1分間)
(テスト条件:LFG-FG間ショートバー外す)
入力-出力間 AC2000V(1分間)
出力-筐体間 AC2000V(1分間)
出力-出力間 AC2000V(1分間)
警報出力-筐体間 AC2000V(1分間)
警報出力-入力間 AC2000V(1分間)
警報出力-出力間 AC2000V(1分間)
絶縁抵抗 DC1000Vメガにて、100MΩ以上(常温、常湿)
ノイズ
耐ノイズ
帰還ノイズ VCCI-1種をクリア(入出力定格時)
輻射ノイズ VCCI-1種をクリア(入出力定格時)
耐静電気ノイズ 6KVを放電しても、動作に異常を生じません。(IEC801-2)
耐インパルスノイズ 印加電圧 ノーマルモード:1KV コモンモード:2KV
パルス幅100nsおよび1μsを印加しても動作に異常を生じません。正・負を各3回(ノーマルモード:1KV コモンモード:2KV)
対雷サージノイズ 5KV×1.2×50μsをライン~FG間に印加しても破壊しません。雷サージノイズ吸収用には続流防止付サージアブソーバー(テスト条件:LFG-FG間ショートバー接続)アレスタを使用しており万一破壊してもオープンモードになります。
耐電波ノイズ 150MHz、400MHzの電波を照射しても動作に異常を生じません。(トランシーバ出力:1W 3V/m(約30cm)
入力 入力電源
DC48V +30% -20% リップル含有率は3%以内
DC110V +30% -20%
AC100V ±15% 47Hz~63Hz 波形歪みは10%以内
AC200V ±15% 47Hz~63Hz
突入電流 AC入力:定格入力の5倍以下
DC入力:定格入力の5倍以下ただし瞬断時は10倍以下
瞬断保証時間 20ms以上(DC48V入力は10ms以上)
漏洩電流 1mA以下
入力電圧低下検出 定格入力電圧の60~75%(標準値70%)に低下した場合は出力を停止させます。(ALM1を放出)
尚、入力電圧が正常値に戻ると自動復帰します。
出力
100W/150W出力
(公称値)
定格電圧・電流 MP0520 5V 20A
MP1210 12V 10A
MP2405 24V 5A
MP0530 5V 30A (150W出力、公称値)
電圧可変範囲 ±10%以上
総合電圧変動率 ±3%以下
リップルノイズ 100mVp-p以下
過電圧検出 定格電圧の120%~140%(標準値130%)で検出し、出力を停止させ、NFBをトリップし、装置を停止させます。
不足電圧検出 定格電圧の70%~90%(標準値80%)で検出し、NFBをトリップし装置を停止させます。
過電流検出 定格電流の110%~170%(標準値140%)で検出し、出力を「パルスバイパルス」垂下させ、NFBをトリップし、装置を停止させます。
出力
50W出力
(公称値)
定格電圧・電流 MP0510 5V 10A
MP1205 12V 5A
MP1504 15V 4A
MP2403 24V 3A
電圧可変範囲 ±10%以上
総合電圧変動率 ±3%以下
リップルノイズ 100mVp-p以下
過電圧検出 定格電圧の120%~140%(標準値130%)で検出し、出力を停止させ、NFBをトリップし、装置を停止させます。
不足電圧検出 定格電圧の70%~90%(標準値80%)で検出し、NFBをトリップし装置を停止させます。
過電流検出 定格電流の110%~170%(標準値140%)で検出し、出力を「パルスバイパルス」垂下させ、NFBをトリップし、装置を停止させます。
寸法
W480×H149×D225mm 取付金具を含む

ページ上部へ